トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

強い打球の捕り方を教えてください

2019年10月23日 紙面から

 【質問】中学硬式のサードです。強い打球がくると腰が引けてしまいます。怖くはないのですが、うまく捕れません。どんな練習をすればいいですか。 (岐阜市 R君=中1)

 【答え】私も高校時代にサードの経験がありますが、怖いという意識があって腰高になってよく叱られました。私の場合は、ノックや試合で数多くのゴロを捕るうちにだんだん慣れてきました。怖くはないけど腰が引けるというのは無意識のうちに恐怖心があるのではないでしょうか。確かに強い打球は怖いと思いますが、それに向かっていく勇気がないとサードは守れません。バウンドが合わないときは体で止めて前に落とせばアウトにできます。サードは打者から最も近いので間に合います。

 打球を怖がる人に共通しているのは、捕球姿勢が高いことです。歩幅が狭く、膝が伸びきった姿勢だと、地をはうような強いゴロに腰が引けるのは当然です。強いゴロはどちらかというと、肩幅よりも広く、両膝が開いた、やや「がに股」スタイルで捕ります。ボールを上から見るのではなく下から見るのです。構えるときにグラブを地面につけてスタートするといいと思います。低い姿勢でしかもグラブを下から出しやすくなるので、とても効果的です。低い姿勢は「素手捕り」で形を覚えてください。4〜5メートルの距離からボールを転がしてもらって、足幅を広くして腰を低くした姿勢を崩さないまま素手で捕る練習を繰り返してください。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ