トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

スイングスピードを速くするには?

2019年10月19日 紙面から

 【質問】スイングスピードを速くするには素振りがいいと聞きました。素振りよりもボールを打った方がいいと思うのですが、教えてください。 (目黒区 N君=高2)

 【答え】ほとんどの高校生が、マシンを使ってバッティング練習をしています。ある程度の数を打つことができるので、多くの選手がマシン打撃とティー打撃の本数で満足しているように思います。しかし、それだけでは正しい打撃フォームを身につけることはできません。素振りが絶対に必要なのです。

 素振りは、スイングの土台をつくると同時にパワーをつけ、ヘッドスピードを上げて、足や腰などの下半身も強化します。本数や時間をかけるだけではなく、正しい体重移動をしながら、いかにバランスよくバットを振り抜くかを考えないと意味がありません。

 素振りをするときの注意点は(1)両足の親指と膝を一体にして足の内側から力を出す(2)腰の回転に乗じてバットを振る(3)ミートの瞬間をイメージして目を離さない−です。これらを意識して、外角、真ん中、内角、高め、低めなどコースを想定しながら振ることが大切です。1日300〜500本振ると、2週間ほどで効果が出てきます。

 素振りを続けるとスイングスピードが上がり、自分でも驚くほど打球の速さや飛距離が出るようになります。体の軸を中心とした打撃フォームを固めることもできます。毎日続けましょう。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ