トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

打撃でスランプ脱出する方法は

2019年10月2日 紙面から

 【質問】中学硬式で新チームからずっと3番を打っていましたが、調子が悪く7番に下がっています。スランプを脱出する方法を教えてください。 (愛知県安城市 Y君=中2)

 【答え】スランプは打者なら誰でも経験しますが、いい打者はその時期が短いようです。プロ選手は、原因や脱出方法を熟知しているので立ち直りが早いのだと思います。スランプの原因は大きく分けて、技術的なものと精神的なものがありますが、中学生の場合は、タイミングのとり方や打撃フォームの崩れなど技術的なものが多いようです。脱出方法は、原点に返る、いわゆる初心に戻って基本練習を繰り返すことです。

 このときやることは(1)ボールを見ることに集中するために、バントやバスター練習をする。大リーグで球聖と言われたタイ・カッブでさえもスランプのときはバント練習をしたと伝えられています(2)センターを中心に打ち返す(3)大振りをしないでコンパクトなスイングを心掛ける(4)難しく考えない。ただ単純にストライクだけを打つ(5)ふだんの呼吸法で緊張をほぐす(6)特打でカンを取り戻す−などです。

 調子を崩していくときの特徴は、悪球に手を出してフォームを崩していく、遠くに飛ばしたいと思うあまりオーバースイングになる、ヘッドアップする、ボールから目が離れるなどです。スランプを脱出するには、練習することが一番だと思います。 (慶大野球部元監督)

  【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ