トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

どうしたらプロ野球の選手になれますか?

2019年8月31日 紙面から

 【質問】ヤクルトの山田哲選手の大ファンです。どうしたらプロ野球の選手になれますか。どうしてもなりたいです。 (渋谷区 H君=小6)

 【答え】同じような質問が、中学・高校生からもたくさん来ています。将来プロでやりたいと夢を持つのはいいことです。誰にでも可能性はあります。夢に向かって頑張りましょう。小学生の今、何をしたらいいか教えます。

 プロ野球選手になる一番の条件は「体が強い」ことです。どんなに野球がうまくても、病気やけがが多い選手はプロにはなれません。中学・高校とレベルが高くなるにつれて、ますます体力が必要になります。強い体があれば、技術も向上していきます。投・打・守・走などの正しい基本を覚えましょう。変なくせや間違った知識は上級者になってからではなかなか修正できません。練習の好き嫌いは今から絶対になくしてください。打つのは好きだけど、走るのは嫌い−。これではプロになれません。

 君が好きな山田哲人選手は2年連続で3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリー選手ですよ。すべての技術に優れているのがプロ選手です。ほかの人よりも少しでも多く練習をしましょう。グラウンドの練習だけでは足りないので、家に帰ってからのバットスイングや風呂上がりの柔軟体操、腹・背筋などを日課として続けてください。好き嫌いのない食事や十分な睡眠も体づくりには欠かせない大切な要素です。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ