トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

スクイズの構えをするタイミングは?

2019年8月24日 紙面から

 【質問】スクイズのとき、バッターはピッチャーがどんな動作をしたときに構えればいいのですか。三塁走者はいつスタートを切ればいいですか。 (江戸川区 N君=中2)

 【答え】夏の甲子園大会でもスクイズの結果が勝敗を左右している試合があります。スクイズは三塁走者をホームにかえすサインプレーですから、バッター、ランナー、そしてサインを出すベンチの三者の連係がしっかりしていなければできません。

 バッターとランナーはサインが出たときに相手に気づかれないようにすることが大切です。いつもと違った態度を見せたり、サインの確認をしたりしてはいけません。ランナーが三塁コーチに聞きに行ったりするとベンチはサインを出しにくくなります。三塁ランナーは投手のステップした足(右投手なら左足)が着地した瞬間にスタートを切るのが基準です。バッターはそれよりもやや遅く、ボールが投手の手から離れたときにスクイズの構えをするのがベストでしょう。早すぎるとバッテリーに見破られてウエストされ(外され)ます。

 万が一、ピッチド・アウトされ(外され)たときは、バットを投げ出してでもファウルにする努力をしてください。スクイズはどんなコースでもバットに当ててゴロにしなければなりません。中日の京田選手がスクイズで膝を深く曲げて、送りバントのように確実にゴロにした写真が少し前に本紙の1面に載っていました。あれがお手本です。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ