トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

試合で実力を出す気持ちの持ち方は?

2019年8月21日 紙面から

 【質問】試合になると緊張して、練習のときのような結果を出せません。自分の力を100%出せるような気持ちの持ち方を教えてください。 (東京都板橋区 中学硬式ボーイズ F君)

 【答え】野球選手なら、大事な試合前になると不安になる人はたくさんいると思いますよ。その度合いが大きいか小さいかの違いだけで、緊張しない人はいないでしょう。ある程度の緊張感は試合に集中するために必要ですが、緊張しすぎると筋肉が硬直してしまって、いつものようなリラックスした動きができなくなります。

 緊張、いわゆるプレッシャーは気持ちの持ち方ひとつで打ち消すことができます。100%の力を出すための原動力は「自信」です。これだけ練習したんだから絶対に勝てるはずだ、あるいは全力を出し切って負けたら仕方がないと考えることができれば、気持ちも楽でしょう。自信の裏付けは練習量です。練習をしていないときは誰でも不安になります。

 私は自分のプレーしている姿をもうひとりの自分がスタンドから見ていると考えていました。グラウンドでおどおどした姿や打席内で緊張して青くなっている自分を見られるのが嫌で、よし打ってやるぞといっそう気合を入れました。あとは悪い結果を考えないことが大事です。チャンスが来たら、ヒーローになっている自分を想像してみるのもいいでしょう。常にプラス思考で行動することです。プレッシャーを楽しめるようになったら100%の力は必ず出せます。 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ