トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

スライディングを怖がらず滑る方法は

2019年8月14日 紙面から

 【質問】小学生のコーチです。スライディングを怖がって滑れない子がいます。どういう指導をすればいいでしょうか。 (川崎市川崎区 学童コーチYさん)

 【答え】小学生の場合は、スライディングを自然にできる子と、なかなかできない子がいます。できない子のほとんどが「怖いから」です。その「怖さ」を取り除いてやることから始めてください。スライディングは、コツさえつかめば意外に簡単に滑ることができます。

 最初は足を曲げる形から覚えさせたらいいと思います。シューズを履いて芝生が練習できればベストですが、ソックスをはいて体育館などでもいいでしょう。その場で足を曲げてスライディングのフォームをつくります。それができたら1歩走って滑り、次に2歩走って滑るという具合に段階を踏みながら距離を伸ばしていきます。滑り方やフォームが、ある程度、固まってきたら徐々にスピードをつけていきます。繰り返し練習するうちに自分なりの「コツ」がつかめます。

 この方法で教えたら、ほとんど全員が滑れるようになりました。注意点が2つあります。(1)ベースに着く足を地面から浮かせる。スパイクのかかとが地面に引っかかるとうまく滑れないうえ大けがをします。(2)地面に手を強くつかない。体重を支えようとして強く手をつくと手首を痛める。どうしても手を着くクセのある人は、手袋を持つか砂をつかんで滑るといいでしょう。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ