トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

高2右投手 球速が伸びず悩んでいます

2019年8月7日 紙面から

 【質問】高校2年の右投手で身長184センチ、体重84キロです。走り込みやトレーニングは日々やっていますが、球速が128〜130キロのままで悩んでいます。ユーチューブを見たりしていますが、結果がなかなか出ません。アドバイスをお願いします。 (球児の父 Sさん)

 【答え】投球フォームを見てみないと断言はできませんが、立派な体格のわりには遅いかなと思います。速いボールを投げるにはいろいろな要素が必要なことはご存じですね。走り込みやトレーニングにも取り組んで、かなり研究もしているようですから、私の知る限りのアドバイスをしましょう。

 速球派の投手に共通しているのは(1)肩が強い(2)下半身が強い(3)腹背筋が強い(4)柔軟性がある−です。この条件をクリアしていても球速が出ない場合、はっきり言って投球フォームに欠陥があります。元プロ投手に聞きました。原因として「突っ込み」が考えられるそうです。多くの投手が、リリースはできるだけ打者の近くでと教えられるので、足を踏み出すと同時に上半身が前かがみになるのです。

 踏み出した足が着地した時点では上半身はまだ真っすぐ両足の上に立っていないといけません。足が着地したときに腰の上に乗った背中が真っすぐになっていないと体の回転、腕の振りが鈍くなります。投球練習では左足をできるだけ高く上げて、軸足の上に十分なタメをつくってステップした時に頭が両足の中心にまっすぐ乗っていることを意識してください。 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ