トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

どういう練習をすれば足が速くなりますか

2019年7月3日 紙面から

 【質問】足が速くなれば、レギュラーになれると言われています。バッティングは大好きですが走るのは嫌いです。どういう練習をすれば足が速くなりますか。 (岡崎市 中学2年)

 【答え】中学・高校の指導者が「あの子は足さえ速ければ、レギュラーです」と口にするのをよく耳にします。私もそのような選手をたくさん見てきましたが、共通しているのは走るのが嫌いなことです。勉強と同じです。嫌いな科目は成績がなかなか上がりません。足が速くなりたければまず走ることを好きになってください。

 野球選手は、極端にいえば、塁間(27・43メートル)を速く走ればいいので瞬発力をつける短距離走をするのがいいでしょう。10メートル×3本、20メートル×3本、30メートル×3本を目安として、本数は増やしたり減らしたり、その時のコンディションに合わせます。ダッシュ→呼吸を整える→ダッシュを繰り返してください。自分のできる範囲で、とにかく走る習慣をつけることが大切です。走るのが苦手な人はフォームも我流で無駄が多いと言います。大学の陸上のコーチは「速く走るには腕の振りや足の上げ方、地面の蹴り方など正しいフォームを覚えることです」と教えてくれました。

 7〜10度の下り坂のダッシュをすると、足の筋肉が下り坂のスピードを覚えて、平らなところでもその速さが出せるという理論が高校や大学で取り入れられるようにもなってます。グラウンド以外でも公園などで適当な下り坂を見つけて走る習慣をつけてみるのもいいと思います。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ