トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

代打でヒットを打つための極意は

2019年6月12日 紙面から

 【質問】中学硬式ボーイズの外野手です。試合ではほとんどがピンチヒッターです。もっとヒットを打つための極意みたいなものを教えてください。 (横浜市 T君=中2)

 【答え】スタメンと違って代打は試合の状況によって起用されるので、いつでも行ける準備をしていなければいけません。私もドラゴンズ時代は代打での出場が多かったので、イニングの間には常にバットを振っていました。私の経験からの代打の心構えを教えましょう。

 (1)打席に入ったら絶対に打てると自信を持つ。相手がどんなにすごいピッチャーでも絶対に負けない気持ちを持ちましょう。(2)ベンチにいるときから相手投手をよく観察する。味方の選手が凡打した球、ヒットした球を頭に入れて準備をすれば、打席で余裕が生まれます。(3)ストライクは初球からフルスイングする。4打席あるレギュラー選手と違ってピンチヒッターはその打席では100%の成功を求められるるので、積極的に打つ意識がとくに重要です。簡単にストライクを見逃してはいけません。(4)試合状況を把握する。いくら積極的に打てといっても、リードされているときの先頭打者の代打は出塁が目的なので見極めが大事になります。

 代打に出たときはバッティング技術よりも、その打席での精神的な要素が大きく左右します。打てなかったらどうしようなどと結果を先に考えないことです。「打てるのかなあ」ではなく「必ず打つ」と、常にプラス思考で打席に立ってください。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ