トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

突然ストライクが入らなくなる…どう対応すれば

2019年6月8日 紙面から

 【質問】ピッチャーをしている息子のことです。試合中に突然ストライクが入らなくなることがあります。監督やコーチからは「もっと腕を振れ」「冷静になれ」などの声がかかります。こんなときはどう対応すればいいでしょうか。 (大和市 学童の父)

 【答え】小学生に多い質問です。いつもは簡単にストライクが入るのに、イニングが変わったりしたときに、自分でもわからない感覚になって焦ってしまいます。こんなときにどうするかいくつか教えます。

 (1)ボールが高低に乱れるときは、ステップの幅をチェックする。広すぎると高くなり、逆に狭すぎると低くなります。

 (2)左右に乱れるときはステップの方向を確認する。目標に真っすぐに踏み出しているか。

 (3)足を高く上げてみる。軸足への体重移動が十分でなく、前方への突っ込みが早く、タメがないときに有効です。

 (4)肘は肩のラインまで上がっているかなどをチェックする。ボールの握りも軽めにしてみたり、しっかり握ったり、または少し浅く、あるいは深く握ったりするのが立ち直るきっかけになることもあります。

 試合中は短時間での修正が必要なので、できるだけ簡単で分かりやすいチェックがいいでしょう。試合前にキャッチャーと話し合うのも大切なことです。キャッチャーは、誰よりも君の特徴を知っているので的確なアドバイスをしてくれると思います。一般にコントロールの乱れは上半身と下半身のバランスが崩れてリリースポイントが一定しなくなるのが原因です。バランスにはとくに気をつけましょう。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ