トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

アンダースローの投げ方を教えて

2019年6月5日 紙面から

 【質問】セカンドとピッチャーをしています。背が低いのでアンダースローにした方がいいと言われました。投げ方を教えてください。 (練馬区 小6)

 【答え】ピッチャーマウンドの高さは地面から25センチあり、背が高ければ高いほど、ボールに角度がつくから有利といいます。ただし、背が低いからというだけでアンダースローに変えるというのはどうでしょうか。小学生は成長途中ですから、中学・高校までに急に背が伸びるかもしれません。テークバックや下半身の使い方などをよく見極めた上で変えてください。

 一般的にはテークバックをした時に肘が背中の方に入る人は、アンダースローに向いているといわれます。アンダースローの投げ方のポイントを教えましょう。(1)自分ではストライクゾーンの判断をしにくいのでボウリングのように手前に目標を置く(2)肘は体に沿って出してくる(3)その肘をへその前に持ってくる(4)ステップは目標に真っすぐ踏み出す(5)リリースは、右打者の背中のラインでボールを離すイメージ(6)ボールが自然にぶれるのでオーバースローのように際どいところを狙わない。

 アンダースローやサイドスローは目線が縦にぶれにくいのでコントロールをつけやすく、肩や肘への少ないために故障も少ないのが特長です。プロ野球でも肘や肩を痛めてから、アンダースローやサイドスローに転向して活躍した投手はたくさんいます。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ