トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

小学生が家でできるバッティング練習は?

2019年5月18日 紙面から

 【質問】小学5年の息子は7番か8番を打っています。なかなかヒットが打てません。指導書を読んでもうまく伝えることができません。家での練習にはどんなものがありますか。 (町田市 学童父)

 【答え】小学生は成長の度合いによって体格や技術にある程度の差が出ます。今は打てなくても、ちょっとした基本的な練習を積めば、すぐにクリーンアップを打てるようになると思います。

 ヒットをたくさん打つ打者がライナーを飛ばす打者であることは、今も昔も変わりません。ライナーはいかにコンパクトに、そして正確にミートするかが大事です。バットを自由自在に振れるようにすることが必要で、バットが下から出たり、スイングが波を打っていては打てません。

 バットが長すぎたり重かったりしても自分のスイングができません。バットを短く持つのも一つの方法です。ライナーを打つにはヘッドスピードが必要なので、体格やスイングの速さに合ったバットを選んでください。正確にミートするには目線がぶれてはいけないので、ステップは小さく、すり足がいいでしょう。

 最近はプロ野球選手のように足を大きく高く上げる子供が目立ちますが、感心しません。体の上下動が激しくて、正確なミートがしにくくなります。両脇を締めてグリップをボールにぶつける感じで振り下ろすと、バットがインサイドから出て、うまくライナーを打つことができます。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ