トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

左打ち外野手 左投手からヒット打つには?

2019年4月17日 紙面から

 【質問】左打ちの外野手です。左投手からなかなかヒットが打てません。どんな練習をすればいいですか。 (名古屋市緑区 小学6年)

 【答え】自分の体の方から投球がくる左投手を苦手とする左打者は上級者にもけっこういます。プロ野球でも、左の強打者に対して左投手をワンポイントで起用するケースを見たことがあるでしょう。それほど難しいのですが、これは左投手を打つ練習が少ないのが一因で、慣れていないということです。

 君も野球を始めてからこれまで、右投手のボールを打つ練習の方が多かったと思います。だから左投手が出てくると、イヤだなあと思ってしまうのではないですか。学童野球では、カーブやスライダーなどの変化球がないので、右とか、左とかを意識しないようにすることが大切です。まず気持ちで負けないようにしましょう。

 技術的には、左投手を打つときは、ステップを開かないことです。体が開くと、肩や腰がボールから遠くなってうまくミートできません。ステップは真っすぐ踏み出して、センターからレフト方向に打つ意識を持ってください。逆方向に打つには、ミートポイントをやや捕手寄りにして体が前に出ていかないように我慢します。軸足に体重を残して左足の内ももでボールをとらえる感じです。左脇を締めて、ヘッドを少し遅らせ気味に出していきます。スタンドティーでミートポイントを決めて強く打つ練習をしてください。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ