トップ > 中日スポーツ > 中部スポ > 一般スポーツ > 記事

ここから本文

【一般スポーツ】

デンソーぼうぜん岡山に敗れ決勝逃す…Vリーグ最多18勝の優勝候補「相手の守備を崩せなかった」

2020年1月25日 23時58分

第4セット、スパイクを放つデンソーの鍋谷

写真

◇25日 Vリーグ女子1部プレーオフ準決勝 岡山3-2デンソー(東京・国立代々木競技場)

 バレーボールのVリーグ女子1部プレーオフ準決勝が25日、東京・国立代々木競技場であり、デンソー(愛知県西尾市)は岡山シーガルズにフルセットまで粘ったが力負け。26日の3位決定戦で埼玉上尾と対戦する。

 デンソーの乙女たちがぼうぜんとした表情でコートを見つめていた。「序盤、自分たちのバレーができなかった。相手の守備を崩せなかった」と鍋谷友理枝主将。第1セットからセッターとの呼吸が合わなかった。鍋谷の持ち味が出せるようなトスは上がってこず、アタックの得点は12得点にとどまった。

 川北元監督も「立ち上がりから右サイドを走り込まれて、止められなかった。レフトの選手2人に45点も取られたら厳しいわな」と敗因を語る。いきなり2セットを先取されながらも、フルセットまで持ち込んだ。そこに鍋谷主将を中心としたチームワークの良さの片りんも見られたが、そこまで粘るのがやっとだった。

 Vリーグでは開幕9連勝で、レギュラーシーズン最多の18勝。早々とセミファイナル出場を決めると、若手選手を積極的に起用していた。

 この日からのファイナルステージを目指して調整を続けてきただけに、川北監督は「選手にもっと楽な気持ちで戦わせてやれなかった責任を痛感しています」。指揮官は敗戦を自ら背負っているようだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ