トップ > 中日スポーツ > 中部スポ > 一般スポーツ > 記事

ここから本文

【一般スポーツ】

鈴木亜由子「走りが、刺激になる」ビデオメッセージで鼓舞も…愛知20位 連続入賞途切れる

2020年1月12日 21時57分

20位でゴールする愛知のアンカー川口桃佳

写真

◇12日 全国都道府県対抗女子駅伝(京都)

 昨年優勝の愛知は、2時間21分32秒で20位に終わり、10年続いていた入賞を逃した。長野は過去最高の4位でフィニッシュした。地元の京都が2時間16分15秒で、3年ぶり17度目の優勝を飾った。宮城が10秒差の2位。3位には東京が入った。

 前年優勝の愛知は、20位と厳しい結果となった。1区で28位と出遅れ、3区の田島(横須賀中3年)、4区の主将、吉川(ユニクロ)で順位を8つ押し上げたが、入賞圏内までは遠かった。

 目標としていた11年連続入賞はならず、米田勝朗監督(51)は「予想はしていたが、1区の速い展開に対応できなかった。この結果なので、全員、力を出し切れなかったのではないか。強化法は間違っていないが、もう一度やり直し」と無念の表情を見せた。

 本番を前に、昨年までチームを引っ張ってきた東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子(28)=日本郵政グループ=から、ビデオメッセージがチーム関係者に届いた。「愛知の選手の走りが、刺激になる」とエールを送る内容で、昨夜のミーティングで披露された。

 田島は「あこがれている存在。励みになった」と感謝した。「脱・亜由子」をテーマに臨んだ今年は、結果が出なかった。この悔しさを来年につなげる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ