トップ > 中日スポーツ > 中部スポ > 一般スポーツ > 記事

ここから本文

【一般スポーツ】

K-1WORLD GPが名古屋にやって来る 「新体制初」12月28日、愛知県体育館で

2019年10月5日 紙面から

Kー1名古屋大会の特別実行委を務める佐藤さんが開催を訴えるポスター

写真

 「K−1WORLD GP2019 JAPAN」の名古屋大会が12月28日、ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される。2014年に新体制になってから初の名古屋開催となる。

 あの魔裟斗やブアカーオらと名勝負を演じた、愛知県出身の元K−1ファイターの佐藤嘉洋さんが同大会の特別実行委員を務める。2016年からK−1の先駆けとなる、Krush名古屋大会の実行委員長を務めてきた佐藤さんは「おかげ様でKrush名古屋大会は2000人以上のキャパシティーの会場で3年連続完全ソールドアウトとなり、毎年超満員の会場で行ってまいりました。K−1初開催となる今回はキャパシティーが3倍以上の会場になります。最近の格闘技は、東京以外では大阪の勢いがすごくて、名古屋人の僕も危機感を感じています。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康という三英傑の生まれた地で、格闘技がはやらないわけがない。大会までにしっかり盛り上げますよ!」と意気込みを語った。対戦カードは10月から随時、発表される。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ