トップ > 中日スポーツ > 中部スポ > 一般スポーツ > 記事

ここから本文

【一般スポーツ】

[レスリング]入江連覇 世界2位の力を見せた 帰国から1週間もしっかり結果

2019年9月29日 23時40分

世界2位の力を示した入江

写真

◇29日 茨城国体レスリング 女子53キロ級

 茨城国体のレスリング第2日は29日、水戸市内であり、女子53キロ級では22日に閉幕した世界選手権(カザフスタン)の55キロ級で2位に入った入江ななみ(24)=福井県スポーツ協会=が2連覇。世界銀メダリストの貫禄を示した。

 初出場の世界選手権で非五輪階級とはいえ表彰台に上った入江が、帰国から1週間足らずでしっかり結果を残した。決勝では、昨年のU―23世界選手権(50キロ級)を制した難敵の五十嵐未帆を8―0で圧倒した。

 「世界選手権の疲れは感じていないが、きょうは足が重かった。世界で銀を取った以上、国内で負けるわけにはいかなかった」。安堵(あんど)の笑みがこぼれた。

 世界選手権では勝負の厳しさも知った。50キロ級で五輪切符を狙った姉のゆきが早々と敗退。姉の五輪へ懸ける思いを知る入江は「自分も悔しかった」とわが事のようにショックを受けた。

 東京五輪で出場を目指してきた53キロ級は、世界選手権2位の向田(至学館大)が既に代表の座を射止めた。同じ53キロ級の選手には、まだ五輪代表が決まっていない50キロ級への階級変更を検討している選手もいるが、入江は「姉をつぶしてまで五輪に出たいという気持ちはない」と否定した。今後は東京五輪を諦め、姉のサポートに徹する。

 今は姉の夢が自分の夢。「次はまた世界選手権を目指します」と明るく語った。(木村尚公)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ