トップ > 中日スポーツ > 中部スポ > 野球 > 記事

ここから本文

【野球】

日本一愛されるチームに 社会人野球・三菱重工名古屋の渡辺新監督

2019年10月18日 13時38分

三菱重工名古屋の監督に就任する渡辺祐史さん(中)と菅野英嗣部長(右)、本田和寛マネジャー(左)

写真

 社会人野球の三菱重工名古屋(愛知)の新監督に、渡辺祐史さん(38)が、11月1日付けで就任する。渡辺さんは18日、名古屋市中区の中日スポーツ総局を訪れ、意気込みを語った。

 大阪府出身の渡辺さんは日南学園高(宮崎)、明大をへて、2004年に入社。おもに内野手として5年間プレーし、09年からコーチに就任。昨年はヘッドコーチとして、日本選手権優勝に貢献した。昨年限りでいったん野球部を離れ、社業に専念していたが、8年に渡ってチームを率いた佐伯功監督(44)の後任として復帰する。

 「きっちりした野球で、勝つ確率を高めていく。ディフェンス面を固めたい」と渡辺さん。就任にあたり、掲げた抱負は「日本一愛されるチームを目指す」。「価値のある存在にならない意味がない。そのためには勝つことが一番。(都市対抗、日本選手権の)2大大会優勝を目指す」と力を込めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ