トップ > 中日スポーツ > 中部スポ > 野球 > 記事

ここから本文

【野球】

[中部ドラフト候補]東海理化・立野和明、外れ1位の可能性 津田学園高・前佑囲斗も指名有力

2019年10月17日 紙面から

MAX152キロ東海理化の立野

写真

 17日に開催されるプロ野球ドラフト会議。中部地区からは、東邦高(愛知)・石川、星稜高(石川)・奥川以外の有力選手も指名を待っている。

 東海理化(愛知)の立野和明投手(中部大第一高)は、入社1年目から都市対抗予選など重要な試合で登板。最速152キロを誇り、外れ1位で指名される可能性もある。

 今年の甲子園に春夏連続出場し、高校日本代表としてU−18W杯にも出場した津田学園高(三重)の前佑囲斗投手は、全12球団から調査書が届き、指名が有力視されている。同じ三重県の菰野高・岡林勇希投手も150キロを超える直球に加え打者としても長打力が光る。10球団から調査書の提出を求められ、同校から3年連続となるドラフト指名が期待される。

 他に投手では、丹生高(福井)の最速147キロ左腕、玉村昇悟が将来性を高く評価されている。高校時代はバレー部だった名大の異色左腕、松田亘哲は、同大から初のドラフト指名を待つ。

 野手では、奥川とバッテリーを組んだ星稜高・山瀬慎之助捕手の強肩が際立つ。今夏の甲子園に出場した中京学院大中京高(岐阜)の藤田健斗捕手も、強打強肩が売りだ。駿河総合高(静岡)の紅林弘太郎内野手は、高校通算40本塁打の遊撃手。12球団から調査書が届き、特に阪神の評価が高い。高校日本代表でも活躍した静岡市出身の桐蔭学園高(神奈川)・森敬斗内野手も上位指名が有力視される。

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ