トップ > 中日スポーツ > 中部スポ > 野球 > 記事

ここから本文

【野球】

ドラゴンズアカデミー1期生の村上&小鎗が5発 中日Jr.が初の練習試合で大勝発進

2019年10月14日 紙面から

2人で5ホーマーの小鎗(左)と村上=武豊町運動公園で

写真

 NPB12球団Jr.トーナメント(12月27〜29日・札幌ドーム)に出場する中日Jr.は13日、愛知県武豊町運動公園野球場でチーム結団後初の練習試合(5イニング2試合)に臨み、南知多クラブに連勝した。村上颯(はやて)外野手(双葉ドラゴンズ、刈谷市立東刈谷小6年)が3本塁打、小鎗稜也内野手(金竜クラブ、関市立金竜小6年)は2本塁打で気を吐いた。

 中日Jr.の新たな船出に派手な5ホーマーが花を添えた。第1試合で大差をつけた4回2死二、三塁に村上が左越えにダメ押しの3ラン。この試合4安打の村上は計7打点の荒稼ぎだった。

 第2試合は小鎗とともにアーチ合戦だ。小鎗は1回2死二塁で左越えに逆転2ランを放つと、最終打席となった5回1死二塁にも左翼へ2ランと止まらない。村上は2回2死で左翼へこの日2本目のアーチをかけると、4回無死二塁では同じく左越えに2打席連続となるホームランで試合を決めた。

 本塁打はすべて両翼70メートル、中堅85メートルに張られた学童用フェンスをオーバーする見事な当たり。湊川誠隆監督(39)は「村上は第1ストライクから積極的に振りにいった。小鎗は4番らしいパンチを見せてくれた。ボールを前でさばく打撃は素晴らしい」と褒めちぎった。

 村上と小鎗はともに中日が学童対象に開設した野球教室「ドラゴンズアカデミー」の1期生だ。村上は「アカデミーでは準備の大切さを教えられた。ネクストサークルで球筋やタイミングを計ったのが良かった」と話し、小鎗は「インコースをうまく打てました」と成果を披露した。 (高野行正)

▽第1試合

中日Jr. 57330―18

南知多クラブ 21000―3

(中)平野、久保山−岡部、野上

(南)楠本、南原−冨井

本塁打 森田(南)村上(中)

▽第2試合

南知多クラブ 10100―2

中日Jr. 310136―23

(南)富安、森田、富安、楠本−畑中

(中)畠下、岩瀬、小谷−野上、梅村

本塁打 小鎗2、村上2(以上中)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ