トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

長谷川穂積さん「戦う理由が見つかるといいな」“引退示唆”比嘉大吾にボクシング愛に満ちたエール

2020年2月14日 12時48分

長谷川穂積さん

写真

 元WBCバンタム級、元WBCスーパーバンタム級、元WBCフェザー級の世界3階級を制覇した長谷川穂積氏(39)が14日、自身のインスタグラムを更新。世界戦での計量失敗によるライセンス無期限停止処分から1年10カ月ぶりに再起戦で勝利した比嘉大吾(24)=白井・具志堅ジム=に“ボクシング愛”に満ちた感慨深いメッセージを送った。

 15戦連続KO勝利という日本記録を持つ元世界王者の比嘉だが「闘争心は、今の自分にはない気がする。モチベーションが上がらなかったら辞めるかもしれない」と6回TKO勝利の再起戦後に引退を示唆。この発言を長谷川氏は気になっていたのだろう。

 元世界3階級王者のレジェンドは「ボクシングは戦う理由がないと戦えない。理由は人それぞれ、なんだっていい。戦う理由が見つかるといいな。どうかボクシングを好きなまま、悔いだけは残さないように」と比嘉に向けてメッセージ。さらにこう続けた。「ボクシングがあるから人生があるんじゃない。人生をより豊かにする一つとしてボクシングがある。それだけ」。長谷川氏はインスタグラムには比嘉とのツーショットも掲載。フォロワーから「読んで泣けてきました」などさまざまなコメントが寄せられた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ