トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

元王者・比嘉大吾が前日計量を余裕の一発パス 資格停止処分解除で1年10カ月ぶりリングは3階級上のチャレンジ

2020年2月12日 15時5分

計量をパスしポーズを取る比嘉(左)と対戦相手ブエナオブラ

写真

 比嘉、1年10カ月ぶりの計量は余裕のクリアだ。ボクシングの119ポンド(約53・97キロ)契約8回戦(13日、東京・後楽園ホール)の前日計量が12日に東京都内で行われ、この試合で1年10カ月ぶりにリングへ復帰する元WBCフライ級王者の比嘉大吾(24)=白井・具志堅スポーツ=が53・8キロで一発でパスした。

 比嘉は2018年4月行われた同級3度目の防衛戦で体重超過し、王座をはく奪されたうえ日本ボクシングコミッションから無期限の資格停止処分を受けており、今回が処分解除から初の試合だ。

 今回の規定体重はフライ級時代の50・8キロから3キロ重く、3階級上のスーパーバンタム級相当。

 「3キロ差は大きいですかね? 減量はうまくいったと思う。最後はやっぱりキツいけど、朝にはリミットに入っていて水分補給もできた。こんなのは初めてっス」と、比嘉。元WBAライトフライ級王者の具志堅用高会長が減量用にフィジカルトレーナーをつけた成果か、顔色は悪いもののフライ級時代のように飛び付くように水分を取ることもなく余裕のある表情だった。

 「この間に応援してくれた両親や後援会の人たちのために勝ちたい。来てくれる人に楽しんでもらえれば」と、比嘉。同日メインは吉野修一郎(三迫)―富岡樹(REBOOT.IBA)の日本ライト級タイトル戦が行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ