トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

比嘉、2・13再起戦へ燃える

2020年1月11日 紙面から

公開練習でミットを打つ比嘉(右)=東京都杉並区、白井・具志堅スポーツジムで(藤本敏和撮影)

写真

 ボクシングの元WBCフライ級王者で、2018年4月の同級3度目の防衛戦で体重超過のため王座を剥奪された比嘉大吾(24)=白井・具志堅スポーツ=が10日、東京都内の所属ジムで再起戦(2月13日、東京・後楽園ホール)に向けた練習を公開。軽く当てるマス・スパーリングなどで汗を流した。

 比嘉は昨年10月まで資格停止処分を科されており、公式の取材の場は、体重超過で行われた試合でプロ初黒星を喫して以来だ。「休んでいた間も応援してくれていた人たちのために戦う。勝って安心させたい。倒せればいいかなと思います」と、比嘉は力を込めた。敗戦後は「やめるつもりだった」と半年ほど何もしなかったが「バイトしようと父親に相談したら給料より使う額のほうが多いぞと言われて、じゃあボクシングしかないと思いました」と、冗談めかして振り返った。

 再起戦はフライ級の3階級上に相当する119ポンド(53・97キロ)契約で行われる。具志堅用高会長は「今後の階級は再起戦を見てから。二度と体重超過がないようフィジカルトレーナーとも契約した。できれば年内、12月に世界王座に再挑戦させたい」と語った。全勝利がKO(通算15勝全KO1敗)でファンを熱くさせた男が、また世界への階段を上がりはじめた。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ