トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

日本記録15戦連続KOの元WBCフライ級王者・比嘉大吾が13日の再起戦に向け練習公開 具志堅用高会長は年内に世界再挑戦視野 井上尚弥もターゲットか!?

2020年1月10日 16時0分

公開練習前に写真撮影に応じる(左から)具志堅会長、比嘉、友利トレーナー

写真

 ボクシングの元WBCフライ級王者で、2018年4月行われた同級3度目の防衛戦で体重超過して王座をはく奪され、19年10月まで資格停止処分を科されていた比嘉大吾(24)=白井・具志堅スポーツ=が10日、東京都内の所属ジムで2月13日に東京・後楽園ホールで行われる再起戦へ向けた練習を公開。軽く当てるマス・スパーリングなどで汗を流した。

 比嘉が報道陣の前で公式行事を行うのは、体重超過で強行された試合でプロ初黒星を喫し、日本記録のデビュー15連続KO勝利が途切れてから初めて。「休んでいた間も応援してくれていた人たちのために戦う。勝って安心させたい。対戦相手の映像は見ていないけど、倒せればいいかなと思います」と、力を込めた。敗戦直後は引退するつもりで半年は何もしなかったが「バイトするつもりで父親に相談したら、その給料より今使っている額のほうが多いぞと言われて、じゃあボクシングやろうと思いました」と、冗談交じりに当時を振り返った。

 再起戦はフライ級の3階級上に相当する119ポンド(53・97キロ)契約で行われる。「この階級でまず様子を見たい。二度と体重超過がないようフィジカルトレーナーとも契約した。できれば年内、12月にも世界王座に再挑戦させたい」と、具志堅用高会長は青写真を描いていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ