トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

元日本2階級王者の黒田雅之33歳が現役続行「八重樫さんより年下で、もったいない」

2020年1月7日 20時41分

練習でハンマーを振る黒田

写真

 ボクシングの元日本2階級王者、黒田雅之(33)=川崎新田=が7日、川崎市の所属ジムで記者会見し、現役続行を表明した。昨年5月に自身2度目の世界戦だったIBFフライ級タイトルマッチで判定負けしたあと、去就を明かしていなかった。

 今後、再び世界王座を目指すという黒田は「やりたいからやる、それだけです。大みそかに、(5月の対戦相手だった同級王者の37歳)ムザラネと八重樫さん(元世界3階級王者の36歳)の試合も見た。自分は2人より年下で、(引退は)もったいないという気持ちにもなった」と理由を説明した。

 この7カ月間は、タップダンスやハンマーを振っての筋トレなど新しいことにも挑戦。「タップダンスはボクシングにも役立ちそう。いろんなことを取り入れていきたいです」と目を輝かせた。プロ41戦(30勝16KO8敗3分け)のベテランは貪欲な姿勢で、「三度目の正直」を目指していく。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ