トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

井岡「プロの世界戦の厳しさ、王者の強さを見せつけたい」

2019年12月31日 紙面から

前日計量をパスし、ポーズをとるWBOスーパーフライ級王者の井岡一翔(左)と挑戦者のジェイビエール・シントロン

写真

 大みそかのボクシング世界戦(東京・大田区総合体育館)の前日計量が30日、東京都内で行われた。3度目の防衛を目指す世界3階級制覇のWBOフライ級王者・田中恒成(24)=畑中=は50・8キロ、世界4階級制覇でWBOスーパーフライ級王座初防衛戦となる井岡一翔(30)=Reason大貴=は52・1キロといずれもリミットで1発クリア。田中に挑戦するウラン・トロハツ(26)=中国=は50・8キロ、井岡に挑むジェイビエール・シントロン(24)=プエルトリコ=は52キロで、ともにパスした。

 井岡はリミットちょうどの52・1キロ。焦って水分補給することもなく、計量後すぐ行われた囲み会見中も一度口を湿らせただけ。充実した体調をうかがわせた。

 「まず計量でひとつクリアした。あとは試合に向けてのコンディションを作るだけ。挑戦者は自分も目指したオリンピックに2度も出た選手でリスペクトしてますが、プロの世界戦の厳しさ、王者の強さを見せつけたい」

 今年6月に日本初の世界4階級制覇の偉業を達成した。だが、井岡は前だけを見ている。

 「明日の結果次第では感動も薄れてしまうかもしれないし、いい勝ち方をすれば評価につながる。今年は4階級制覇やプライベート(8月の第1子誕生)などもあったが、僕たちチームにとって明日の試合でこの1年が決まる。何かを感じてもらえるような熱い試合をしたい」

 記録は過去のもの。指名挑戦者を迎えた初防衛戦で強い勝ち方をし、昨年の現役復帰時から目標とする海外での活躍につなげたい。未来を見据えて大みそかのリングに上がる。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ