トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

“勝負メシ”は野菜ラーメン!? 井岡一翔の挑戦者シントロン「減量明けは日本でしか食べられないものを」

2019年12月30日 23時23分

前日計量をパスし、ポーズをとるWBOスーパーフライ級王者の井岡一翔(左)と挑戦者のジェイビエール・シントロン

写真

 大みそかのボクシング世界戦(東京・大田区総合体育館)の前日計量が30日、東京都内で行われた。3度目の防衛を目指す世界3階級制覇のWBOフライ級王者・田中恒成(24)=畑中=は50・8キロ、世界4階級制覇でWBOスーパーフライ級王座初防衛戦となる井岡一翔(30)=Reason大貴=は52・1キロといずれもリミットで1発クリア。田中に挑戦するウラン・トロハツ(26)=中国=は50・8キロ、井岡に挑むジェイビエール・シントロン(24)=プエルトリコ=は52キロで、ともにパスした。

 井岡に挑むシントロンはリラックスムード。「減量明けは日本でしか食べられないものを食べたい。知っている日本料理…、野菜ラーメンかな。スシはもちろん知っているけど」。食べ歩き旅行中のような笑顔を見せた。減量明けの食事には、そのための食材を持参するなど神経質になる選手が多い中、異例の余裕だ。「コンディションはすごくいい。やるべきことはすべてやってきたからプレッシャーも感じていない」。プロ13戦目で世界王座を目指す24歳は自信に満ちていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ