トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

田中恒成は3度目防衛へ「今年一番調子が良い」 前日計量で自信

2019年12月30日 12時25分

前日計量後、ラウンドガールとともに撮影に応じる田中(右)とトロハツ

写真

 大みそかのボクシング世界戦(東京・大田区総合体育館)の前日計量が30日、東京都内であり、セミファイナルで3度目の防衛戦に臨むWBOフライ級王者田中恒成(24)=畑中=と同級10位の挑戦者ウラン・トロハツ(26)=中国=は、いずれもリミットの50・8キロで計量を一発クリアした。

 計量後は別々に取材に応じ、チャンピオンは「今年3試合目で一番調子が良い。気持ちよく締めたい」と自信満々。挑戦者は「得難いチャンス。勝利したい」とベルト奪取を誓った。戦績は田中が14戦全勝(8KO)、トロハツは17戦13勝(6KO)3敗1分。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ