トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

畑中清詞が見た村田諒太 右ストレートに徹したスタイルに‘’らしさ‘’ ゴロフキン&アルバレスと対戦が見たい!!

2019年12月23日 22時53分

右ストレートのスタイルを貫いた村田

写真

 素晴らしい試合だった。全てに村田らしさが出た防衛戦だった。4回まで私の採点はワンサイドで10対9。村田は出足から気合が入っていた。右がまたすごかった。これでもか、これでもかと徹底して打ち込んだ右。あれが村田の必殺ストレートだろうが、自らのスタイルが詰まっている感じで「自分にはこれしかない」という攻めだった。

 バトラーもKO率が80%と強打に自信を持っていたが、村田の気合に飲まれたようだ。村田は最近、凄味のあるいい試合をしている。ミドル級という階級もあるのだろうが、ワンツーを中心に、右ストレートに徹したスタイルが村田らしさをつくっている。

 村田にレナードやハーンズのような華麗さを求めても無理。本人も、そのことを分かっているからこそ右ストレートに磨きをかけているのだろう。今日もそれをパーフェクトに見せてくれた。こんな試合を見せつけられれば、憧れているスーパースターも目を向けざるを得ないだろう。

 五輪金メダリストがプロになり、世界王者に就いて、ここまで来たのだから米国でもどこでもいい。夢への挑戦を、私もぜひ一緒に見させてほしい。(元WBCスーパーバンタム級王者)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ