トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

井上尚弥の次戦は4・25ラスベガス WBO王者カシメロかWBC王者ウバーリで計画中「お客さんは強い者同士がやるのを見たいわけで…」

2019年12月23日 22時39分

リングサイドでローマン・ゴンサレスの試合を観戦する井上尚弥

写真

 トップランク社のボブ・アラムCEOは23日、トリプル世界戦が行われた横浜アリーナで取材に応じ、IBFバンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=の次戦について、来年4月25日に米ラスベガスで行うことを計画中だと明かした。対戦相手はWBO王者のカシメロ(フィリピン)か、WBC王者のウバーリ(フランス)のいずれかで「年明けに決まるだろう」と明言した。

 その井上は、村田が自身の熱戦を引き合いに「リアルな試合を」と熱望したことを、好意的に反応。「4団体ある今、誰が一番強いとか、わからせないといかない。お客さんは強い者同士がやるのを見たいわけで『テレビでいいや』って思われたら、ダメなんですよ」とビッグマッチ実現を歓迎だ。

 また、村田のKO防衛については「倒しきるという面では、前半ガード固めてしのいで、しっかり相手の隙を突くというのをすごく感じましたね」と感想を漏らした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ