トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

ド緊迫の20秒にらみ合い! ボクシングWBAミドル級王者の村田諒太は悠然「何も感じなかった」 23日トリプル世界戦

2019年12月22日 19時24分

村田とバトラー

写真

 トリプル世界戦(23日、横浜アリーナ)の前日計量が22日、東京都内で行われ、出場6選手全員が1回でクリアした。メインイベントで登場するWBAミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=は、はかりを見もしない自信の計量で規定を200グラム下回る72・3キロ。挑戦者の同級8位スティーブン・バトラー(24)=カナダ=は72・5キロだった。

 両陣営が息をのんで見詰める計量。主催者に促されて行ったにらみ合い―。ド緊迫の計量会場でも村田は自然体だった。20秒以上に及んだにらみ合いでも、表情はまったく変わらず、「何も感じなかった。やってやろうとも、調子が良さそうだとも、何も。いつもの試合前の緊張感。無理せず、着飾らず、格好付ける必要もない。スイッチが入るのはリングに上がる直前です」と平然としていた。

 また、セミファイナルのIBFフライ級戦は王者モルティ・ムザラネ(37)=南アフリカ=と挑戦者の同級14位八重樫東(36)=大橋=がともに50・8キロ。WBCライトフライ級戦は王者寺地拳四朗(27)=BMB=が48・8キロ、挑戦者の同級12位ランディ・ペタルコリン(27)=フィリピン=は規定を700グラムも下回る48・2キロだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ