トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

V7に挑むチャンピオンは「ケン・シロウ」ではありません  「寺地拳四朗」です

2019年12月21日 15時18分

寺地拳四朗

写真

 ◇23日 ボクシング・トリプル世界戦(横浜アリーナ)

 先陣を切るWBCライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)は、7度目の防衛戦。リングネームを拳四朗から、本名に改めての初戦だ。

 21日の記者会見では、「今までは『ケン』『シロウ』と分かれていた」と、過去に海外で間違えて紹介されることもあったと笑い話を披露。これを機に「拳四朗の名前をアピールできればと思う」と余裕たっぷりだった。対戦相手は同級12位のランディ・ペタルコリン(フィリピン)。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ