トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

2年7カ月ぶり世界戦 挑戦者・八重樫東「気合も入っている」

2019年12月21日 15時15分

WBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗、WBA世界ミドル級王者の村田諒太、IBF世界フライ級挑戦者の八重樫東

写真

 ◇23日 ボクシング・トリプル世界戦(横浜アリーナ)

 セミファイナルで、IBFフライ級王座に挑む元世界3階級制覇の八重樫東(36)=大橋=は2017年5月以来の世界戦。21日の記者会見で、「2年半ぶりに大きな舞台に立てることをうれしく思う。ファイトスタイルを含め、いつまでもチャレンジする気持ちを忘れない。気合も入っている」と挑戦者の立場を歓迎した。対戦相手は王者モルティ・ムザラネ(南アフリカ)。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ