トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

村田諒太の対戦相手の“怪” 暖房の効いた室内でも手袋にニット帽「自分の中のパワーを感じる」

2019年12月20日 22時11分

手袋とニット帽姿でポーズをとるバトラー

写真

 ボクシング、トリプル世界戦(23日、横浜アリーナ)の予備検診が20日、東京都内で行われた。

 メインイベントでWBAミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=と戦う同級8位スティーブン・バトラー(24)=カナダ=は終始こわばった表情だった。世界戦はもちろん、北米以外での試合も初めて。暖房の効いた室内にもかかわらず手袋とニット帽を着けたままだったが、脱ぎ忘れではなく「厚着は防寒じゃなく風邪の予防」と説明した。

 「村田とは体形もボクシングスタイルもパワーも似ているが、どんな状況でも対応できる準備はしてきた。気分は最高だし、自分の中のパワーを感じる。私の新たなストーリーがここから始まっていく」。減量も「順調」とアピールした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ