トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

八重樫東は11センチのリーチ差にがく然「想定より長い。違う種類の人間かと思った」とポツリ

2019年12月20日 21時17分

予備健診を受ける八重樫東。後方はモルティ・ムザラネ

写真

◇20日 予備検診 ボクシングトリプル世界戦(23日・横浜アリーナ)

 IBFフライ級タイトルマッチで2年7カ月ぶりの世界戦に臨む同級14位の八重樫東(36)=大橋=は、王者モルティ・ムザラネ(37)=南アフリカ=の検診結果に目をむいた。身長は160センチ対160・5センチとほとんど差がなかったにもかかわらず、リーチが164センチ対175センチと実に11センチもの大差をつけられたのだ。

 「手が長いとは思っていたけどこれほどとは……。想定より長い。違う種類の人間かと思った」と、八重樫。ムザラネは5月のV2戦でも来日してリーチを測っているが、その時は167・5センチと常識的な数値だった。半年あまりで7・5センチも伸びたことになる。

 予測外の要素が出現しても、元世界3階級制覇のベテランは動じない。「きっとリーチの長さがあだになりますよ」と、ニヤリ。得意の打ち合いに持ち込み、相手の長所を封じるつもりだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ