トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

[ボクシング]「手足は思ったより長くない」王者・寺地拳四朗陣営、世界戦の相手ペタルコリンを冷静分析

2019年12月18日 23時55分

公開練習でポーズを取るペタルコリン

写真

23日にトリプル世界戦

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、横浜アリーナ)でWBCライトフライ級王者の寺地拳四朗(27)=BMB=に挑む同級12位ランディ・ペタルコリン(27)=フィリピン=が18日、東京都内で練習を公開した。ミット打ちなど計3ラウンドのごく軽い内容だった。

 ペタルコリンは寺地と統一戦を行う予定だったIBF王者アルバラード(ニカラグア)の体調不良により試合1カ月前に急きょ対戦相手に抜てきされた。「2倍の練習をしてきたので問題ない」と、ハードトレーニングで仕上げてきたという。プロ35戦(31勝23KO3敗1分け)に加えアマでも約70戦と百戦錬磨で「試合では私の経験が武器になる」と、プロ16戦(全勝9KO)の王者との差を強調していた。

 練習は寺地の父でBMBジムを率いる永(ひさし)会長も視察。「手足は思ったより長くない。拳四朗の距離でやれる」と分析した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ