トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

村田諒太に挑むスティーブン・バトラーが練習公開 陽動作戦使うも村田陣営は動揺なし

2019年12月16日 22時1分

軽い調整を見せただけのスティーブン・バトラー

写真

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、横浜アリーナ)メインイベントでWBAミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=に挑む同級8位スティーブン・バトラー(24)=カナダ=が16日、東京都内で練習を公開。ミット打ちなどを行った。

 「世界王者を目指して12年、この時のためにトレーニングしてきた。ベルトを奪い取る準備はできている」

 バトラーは8日に来日し、用意されたジムに姿を現したのは初めて。ホテル内や独自にみつけた施設で調整する。来日前の合宿地すら、トレーナーは「カナダ某所」としか言わない秘密主義だ。この日の練習も軽いもの。KO率8割の強打はほとんど見せなかった。

 ただ、視察した元WBCスーパーライト級王者の浜田剛史・帝拳ジム代表は「30年前と違い今は練習より大事な試合映像がいくらでも見られる。秘密なら秘密でかまわない。バトラーの選択肢は今まで通り好戦的に来るか、足を使うかの2つしかないでしょう」と、平然。陣営の動揺を誘う効果はなかったようだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ