トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

KOで9連勝、勅使河原がV3 「来年は世界チャンピオンになる!」

2019年12月13日 紙面から

KOで王座を防衛しコーナーに駆け上がって喜びを爆発させる勅使河原=東京都文京区の後楽園ホールで(藤本敏和撮影)

写真

◇東洋太平洋Sバンタム級タイトル戦

 ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級タイトル戦が12日、東京・後楽園ホールで行われ、王者でIBF同級7位の勅使河原弘晶(29)=輪島功一スポーツ=が同級15位の川島翔平(27)=真正=を5回3分9秒KOで下し、V3を果たした。9連勝で、通算戦績は21勝(14KO)2敗2分けとした。

 4回終了時の途中採点で3−0とリードして迎えた5回だった。打ち合いにきた挑戦者を迎え撃ち、カウンターの左フック一発で10カウントを聞かせる完勝だった。

 元WBOアジアパシフィック・バンタム級王者でもある勅使河原は「左で倒したのはこれで2回目ぐらい。今回すごく練習して、当たれば倒せるパンチにしてきた。このまま勝ち続けて、来年は世界チャンピオンになります。ならせてください!」と、鼻息も荒かった。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ