トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

「再起戦は4月か5月ごろ」井上尚弥の弟・拓真も始動「また世界のステージに行けるように!」

2019年12月9日 22時21分

練習再開しミット打ちを行う井上拓真

写真

 11月にワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級を制したWBA・IBF統一バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=が9日、横浜市内の所属ジムで練習再開した。

 WBSS決勝のセミファイナルとして行われたWBCバンタム級王座統一戦で判定負けし、プロ初黒星を喫した井上尚弥の弟で前同級暫定王者・井上拓真(23)=大橋=もこの日から練習を再開。試合で打撲した両手の痛みも癒えてミット打ちを行った。

 「再起戦はナオより遅く4月か5月ごろになると聞いています。また世界のステージに行けるように世界ランカーとやりたい」と拓真。兄弟でバンタム級王座独占の目標へ向けて再始動だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ