トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

井上尚弥「WBSS決勝以上のもの、見せられる自信がある」死闘から1か月…新たな伝説へ始動

2019年12月9日 20時51分

練習を再開した井上尚弥

写真

 11月にワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級を制したWBA・IBF統一バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=が9日、横浜市内の所属ジムで練習再開した。世界5階級制覇ノニト・ドネア(37)=フィリピン=との死闘で負った右目上の傷はほぼ回復。眼窩(がんか)底骨折は今週の再検査待ちながら、大橋秀行会長(54)は「次の試合は米国ラスベガスでほぼ確定。4月ぐらい」と明言。尚弥は「逆算して最高の状態に仕上げる」と早くもギアを入れた。

 「WBSS決勝の反響は今までと大違いで驚いた。来年はあれ以上のものを見せられる自信がある。楽しみにしてほしい」と尚弥。この日はシャドー、ミット打ちなどで初日にもかかわらずキレのある動きを見せた。

 次戦の候補はもう脳裏にある。先週から口にしてきた世界3階級制覇のWBO王者カシメロ(フィリピン)だ。「ドネアより危険な相手。若くて野獣的な感覚もあるし、いい意味でバカで怖いもの知らず。常に頭に置いて練習していきます」。また新たな伝説へスタートを切った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ