トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

世界前哨戦に挑む尾川堅一が計量パス 1年間のライセンス停止からはい上がった苦労人はKO予告!!

2019年12月6日 19時34分

尾川堅一は体調万全

写真

 ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級タイトル戦の計量が6日、東京・日本ボクシングコミッションであり、挑戦者で同級IBF3位、WBA4位、WBO10位の尾川堅一(31)=帝拳=が58・8キロでクリア。王者のWBO6位ジョー・ノイナイ(24)=フィリピン=は再計量でリミットの58・9キロだった。

 「来年2月に32歳になるし勝負をかけていきたい。明日は僕のイニシャル(KO)で」。2017年にIBF王座決定戦を制したが試合後に禁止薬物が検出され、1年間のライセンス停止に。だが、そこからランクも上げ、今回勝てば次は世界戦になりそうだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ