トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

井上尚弥・拓真兄弟のいとこ・浩樹「刺激だらけの環境」から いよいよ世界ランク入りが懸かる一戦へ

2019年12月1日 20時10分

計量を終えポーズを取る井上浩樹(左)とチャベス

写真

 ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーライト級王座決定戦、日本同級王者の井上浩樹(27)=大橋=vsジェリッツ・チャベス(28)=フィリピン=は2日、東京・後楽園ホールで行われる。前日計量が1日に行われ、井上が63・5キロ、チャベスが63・2キロでクリアした。

 14戦全勝(11KO)の井上浩は、WBA・IBF統一バンタム級王者・井上尚弥と前WBC同級暫定王者・拓真兄弟のいとこで、「刺激だらけの環境。僕も人に刺激を与えるような試合をしたいです」。勝てば世界ランク入りが濃厚で「圧力かかるけど、それを力に変えたい」と、力を込めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ