トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

田中恒成の兄・亮明が全日本選手権Vで東京五輪へ大きく前進 田中恒成も刺激受け「自分もより一層…」

2019年11月24日 21時43分

妻の百美と勝利を喜ぶ田中亮明

写真

◇24日 ボクシング全日本選手権決勝(鹿児島県阿久根市総合体育館)

 52キロ級ではWBOフライ級王者・田中恒成(24)=畑中=の兄、田中亮明(26)=岐阜・中京学院大中京高教員=が坪井智也(23)=自衛隊=に3―2の判定で勝ち、五輪出場に大きく前進した。勝利が告げられると、田中はその場にひざまずき絶叫。世界王者の弟・恒成と違う道、五輪出場を目指してきた兄は晴れ舞台に向けた最大の関門を突破し、声をうわずらせた。

 「接戦になるのは分かっていた。常に10対9・5と、わずかに上回るようイメージしました」。試合後は相手陣営の異議でビデオ判定に。その最中、落雷で会場が停電するアクシデントもあり、最終決定まで約15分もかかったが「もし判定が覆っても、やりきったので悔いはなかったです」。狙っての接戦は自分のペースだった。

 昨年6月に大学時代から交際していた百美さんと結婚。「ベルトは奥さんにプレゼントします」と目尻を下げた。観戦に訪れていた恒成も「兄のあんな喜び方を見たのは初めて。自分も、より一層、頑張ろうという気持ちになりました」と刺激を受けたようだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ