トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

誇り高き敗者ドネア「井上が真のチャンピオン…素直におめでとう」祝福コメント残し病院へ

2019年11月7日 23時31分

試合後、ノニト・ドネアと抱き合う井上尚弥

写真

◇7日 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝12回戦(さいたまスーパーアリーナ)

 ドネアは誇り高き敗者だった。最終回の終了ゴングを聞くと、顔面傷だらけのドネアは井上の頭をなでるように抱き締めた。控室に戻ると通訳を通じ「これで、井上が真のチャンピオンであることが証明された。素直におめでとうと言いたい」と勝者を祝福するコメントを残し、検査のため病院に向かった。

 5階級制男も落ち目の36歳。ほとんどの関係者が井上の勝利、しかも、早い回での決着を予想した。しかし、ドネアはゴングと同時に前に出た。肉を切らせて骨を断つ作戦だった。11回にはボディでダウンを喫したが、立ち上がり、一発逆転の左のカウンターフックを狙い続けた。判定決着となったが、ドネアの頑張りで名勝負となった。「仮に負けても辞めない。90歳のおじいちゃんになって、まだできたと後悔したくないから」と戦前、言っていたドネア。負けて株を上げた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ