トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

亀田3兄弟のいとこ・京之介が”一族初”の東日本新人王「どんなもんじゃい!」 興毅の決めゼリフ拝借で喜び爆発

2019年11月3日 22時38分

東日本新人王を獲得した亀田

写真

 ボクシングの第76回東日本新人王の各階級決勝戦が3日、東京・後楽園ホールで行われ、フェザー級で亀田3兄弟のいとこ、亀田京之介(21)=協栄=が今成太希(22)=三迫=に3回1分10秒TKOで勝って新人王に輝いた。亀田は東日本王者として、12月22日の全日本新人王決定戦で、西日本王者(10日決定)と対戦する。

 亀田は積極的な今成を冷静にさばき、最後は右ストレートからの連打でダウンを奪う完勝で大会最優秀選手にも選出された。「ホンマは全日本勝ってからにしようと思ってたけど、今言わせてください。『どんなもんじゃい!』」。いとこ興毅の名台詞で得意満面だった。

 試合前は気が立っていて、母・幸美さんにつらく当たってしまったという。「えらそうなこと言ってしまった。ごめんなさい」。亀田家初の新人王は、リング上から母に謝った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ