トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

26歳井上尚弥の「世代交代の時期」発言に36歳ドネア「いいこと。高い壁になる」公開練習でニヤリ

2019年10月31日 18時45分

公開練習前にポーズを取るドネア

写真

 ボクシングの「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ」(WBSS)決勝(11月7日、さいたまスーパーアリーナ)でWBA・IBFバンタム級王者・井上尚弥=大橋=と対戦する元世界5階級制覇で現WBA同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=が31日、東京都内の帝拳ジムで軽い練習を公開した。

 ニヤリ。ドネアが不敵に笑った。井上が「世代交代の時期」と挑発的な発言をしていることを報道陣から伝えられると「全然、挑発的とは思わない。いいことだと思う。強さを証明するためには、壁を乗り越えないと。ボクは強く、高い壁になる」とサラリ。

 数々の伝説を築いてきた男も36歳と年齢的には下り坂。26歳と今が旬の井上が相手とあっては、アンダードッグと見られても仕方ない。しかし、「スピードとパワーは20代のまま。それに、経験を積み重ねたのが、今のボク。仮に負けても辞めない。90歳になった時、あの時、もっとやっていればと後悔したくないからね」とキッパリ。井上に勝る経験で番狂わせを起こせるか。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ