トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

井上尚弥キッパリ「世代交代です」迫る頂上決戦…ドネアは憧れだったが「警戒すべきはキャリアだけ」

2019年10月28日 22時46分

報道陣に向け、練習を公開した井上尚弥

写真

 ボクシングのWBA、IBFバンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=が28日、横浜市の所属ジムでワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)同級決勝(11月7日・さいたまスーパーアリーナ)へ向けた練習を公開し「ボクシング人生一番の試合になる」と意気込みを語った。WBA同級スーパー王者で世界5階級制覇の実績があるノニト・ドネア(36)=フィリピン=との決戦だ。

 この日はジム開設以来最多となる70人の報道陣が集まり、大橋秀行会長(54)は風邪を警戒し練習公開を冒頭10分のみにした。

 決戦まであと10日。井上尚が戦闘モードに入った。減量に入り顔の肉が落ち始め、目つきも鋭くなった。

 「高校の頃から憧れて技術を盗んできたドネアと、決勝で戦える。思いはすごく強い。ドネアで警戒すべきは自分の倍以上のキャリアだけ。リング上では精神面でも引き出しの多さでも(キャリアが)現れてくると思うが、準備はしてきた。世代交代です」

 ドネアは過去12年でフライ級からフェザー級まで5階級を制したスーパースター。憧れの相手と、2万人の前で拳を交える日を前に闘志が抑えきれなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ