トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

ヘビー級・藤本京太郎 13カ月ぶり実戦6回TKO快勝

2019年10月22日 紙面から

写真

◇WBOアジア・パシフィック・フライ級タイトルマッチ12回戦

 WBOアジアパシフィック・ヘビー級王者でWBA同級12位にランクされ、日本人初の同級世界戦を目指す藤本京太郎(33)=写真(左)、角海老宝石=が21日、後楽園ホールで13カ月ぶりの試合となる同級ノンタイトル8回戦を行い、スタット・カラレット(24)=タイ=を6回2分8秒TKOで下して健在ぶりを見せた。

 昨年9月の前戦でも対戦し6回終了TKOで撃破した相手をジャブとボディーで翻弄(ほんろう)。6回開始時にはダメージでカラレットがしゃがみ込む状態になり、最後はダメ押しのボディーでTKOをものにした。

 「スパーリングも積んできて以前よりよく動けた。マッチメークと人間関係の問題でブランクができたが、もう少しボクシングで夢を見たい。ヘビー級は他の格闘技との交流が認められるという話もあるので、やってみたい」と、藤本。1年間のブランクで世界ランクも下がったが、ここから再出発する。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ