トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

京口紘人「天下一品」から特注ゴールド丼贈られ「勝ったよりうれしい」、激闘ご褒美こってりランチに舌鼓

2019年10月2日 19時2分

念願の天下一品に笑顔の京口

写真

 防衛翌日の天一は「天下一品」だ。1日行われたボクシングのWBAライトフライ級タイトル戦(エディオンアリーナ大阪)で同級スーパー王座V2を果たした京口紘人(25)=ワタナベ=が2日、大阪観光局で一夜明け会見。その後は試合会場に近いラーメンチェーン「天下一品」に駆け込み、調整段階から試合後に食べる宣言していた「こってり」が中心のランチセットをかきこんだ。

 「1カ月ぶり! ほんと食べたかった〜。今までで1位の味です!」と、京口は激闘で腫れた顔に笑顔をはじけさせた。この瞬間のため昨夜は何も食べず、空腹に勝利の手応えも加わって最高の味わい。店からは開発中の金に輝く丼もプレゼントされ「勝ったよりうれしい」とご満悦だった。

 試合後は親交のあるIBF・WBAバンタム級王者・井上尚弥(大橋)から祝福のメッセージも届いた。「お互いかどうかは分からないけどボクは刺激を受けている関係。(井上兄弟の11月ダブル世界戦に)いいバトンを渡せてよかったです」と、ホッとした表情も。念願のWBCライトフライ級王者・拳四朗(BMB)との統一戦は来年以降になりそうだが、今は勝利と天一の味を満喫していた。

(藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ